こんにちはコンドルです

先日、担当先でオーガニックコットンについて話す機会がありました

なので、オーガニックコットンについて少し書きたいと思います

まず一般の綿との違いは、一般の綿は、低いコストで短期間に大量に生産する為、農薬を大量に散布します

また、綿の収穫は、葉が枯れてから行う為、毒性の強い枯葉剤も使用しています

白さを強調する為に、仕上げに蛍光剤や漂白剤が使用され、綿本来の柔らかさやしなやかさが失われていますそして、色付けに使用される染料も、化学的に合成されたものを使用するので、綿本来の風合いを生かすことができないそうです

逆に、OGコットンは、一般の大量栽培・大量生産と異なり、効率性を求めた農薬や薬剤を使用せず、栽培・収穫から製造まで、非常に手間ひまをかけて行います                            

例えば、機械を用いた収穫であれば短時間で終了しますが、手摘みであれば、30倍以上の時間を要すると言われているようです                                           この為、どうしてもコストがかかり、それが価格に反映しますが、人の手を使った丁寧な作業が、本当に良い物の証であると言うこともできます                           

また、OG基準では、農業者の権利を守ること、フェアトレードの取引が基本となっている為、世界の貧困救済と健全な働く環境を整えるという大きな意義があります                                
OGコットン製品を選択することは、地球環境を守ることとフェアトレードの発展を推進することに繋がると考えられます

現状では、まだまだ認知が低い事は事実ですが、今後ECOに対しての意識が代わっていくことで、OGコットンの需要も増えると思います

img_aboutoc